【ペット保険】病院で精算タイプと後から精算タイプ、どっちがお得?

ふとしのつぶやき

ペット保険には、2種類あります。

1、病院で精算できるタイプ
2、病院では精算できず、後日、ペット保険会社に請求するタイプ

ペット保険は、実際の治療の50から80パーセントが保険金として払われるものが多いです。例えば、80パーセント保障であれば、治療費が1万円かかると、

1、のタイプだと、病院の窓口で、2,000円(実際の治療費:10,000円-保険金:8,000円)の支払いですみます。楽ちんですよね

2、のタイプだと、病院の窓口で、10,000円を払った後、保険会社に請求。その後、保険会社から8,000円、契約者の口座に振り込まれます。保険会社に電話をしたり、請求書を書いたり、ちょっと手間もかかります。メンドくさいですよね

でも、我が家のペット保険は、2、のタイプです( ̄ー ̄)。
察しの早い方は分かりますね。「クレジットカードで支払っているので、まるまるポイントをゲットできるから」80パーセント、保険金が給付されるという事は、「ポイント5倍!」


クレジットカードの請求は通常、翌月以降なので保険金請求をすぐにやれば、クレジットカード請求前には保険会社から入金になり、立て替える必要もありません^_^

大事な家族の一員であるペットの治療は、精神的にも経済的にも辛く大変です。それでも、お支払いの時にポイント5倍!であれば、ちょっぴりですが、気持ちが救われます^^;


※ペット保険に加入すべきかどうかを記事にしました。よろしければご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました